ティーダにデッドニング、CDT AUDIOの巻

  • 2014.12.22 Monday
  • 19:34
こんばんは、『くるまや工房』の山本です。

今日は日産ティーダにデッドニングを施工させていただき、CDT AUDIOをインストールした模様をご紹介します。


まずはルーフライニングを外します。
ペラペラの鉄板剥き出し状態です。

今回はオーディオテクニカの制振材、AT7550Rを貼っていきます。
このとき、鉄板としっかりと密着するように貼ることがポイントです!

その上から、三層構造遮音、遮熱材、ヒートシールドラグを貼ります。
これにより断熱効果も格段に向上します。

今回はサブウーハーの低音がびびらないようにラゲッチドアにも施工します。

ルーフ同様に中に、AT7550Rを貼ります。

少し見えにくいですが上から遮音材ダクトダンパーを貼り、遮音効果を高めます。

外側も同じように!

今回は内張り側もデッドニングを施しました。


ここから、オーディオに入っていきます。
スピーカーは当店人気のブランド、CDT AUDIO、ES-62iをインナーでインストールします。
ちなみに、ドアはSTPとレアルシルトを使ってデッドニングしました。

ツィーターはAピラーにインストールしました。

サブウーハーはボックスを作ってラゲッチへ!
CDT AUDIOのQES-1020

アンプはラゲッチ下のスペアータイヤの上にボードで固定しました。
CDT AUDIOのSQA-4100
ケーブルは全てTCHERNOV CABLEで統一!


パワーのあるサウンドにオーナーさんも大満足していただけました♪

フルCDT AUDIOは多分全国でも数少ないと思います(笑
低域から高域まで素晴らしいサウンドを奏でるCDT AUDIOはお勧めのブランドですよ!
 

スポンサーサイト

  • 2018.05.13 Sunday
  • 19:34
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    selected entries

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM